しわ たるみ治療 フェイスリフト 金の糸 ヒアルロン酸 ボトックス レーザーフェイスリフト 超音波 ACR療法

RIV MEDICAL CLINIC 美容外科 京都 形成外科 皮膚科 リブメディカルクリニック(京都市上京区)
〒602-8342 京都府京都市上京区仁和寺街道千本西入五番町165
tel:0120-008-851/075-467-8807
クリニック案内 診療案内 症状への取り組み 料金案内 ご予約

症状への取り組み

診療案内
お肌・スキン
プチ整形
フェイシャル
ボディ
アンチエイジング
脱毛
しみ 手・顔
男性
症状への取り組み
にきび
しわ・たるみ
しみ・ほくろ
赤ら顔
ダイエット

しわ・たるみ

お肌は表皮と真皮の2重の組織でできていますが、肌のハリを保っているのは、真皮の働きです。真皮にはコラーゲンやエラスチンという繊維があり、お互いに絡み合い引っ張り合ってツヤやハリを作っています。
ところが、年をとるとともにこれらの繊維が衰えたり、コラーゲンの「橋かけ」結合が増えて硬直したりしてきます。
顔のシワには、小さなシワと、大きく深く刻まれたシワ、の2種類があります。肌にツヤやハリがなくなると自然にシワが増えるものですが、とくに深いシワは、真皮にあるコラーゲンやエラスチンと呼ばれる繊維の働きが弱まって肌に弾力がなくなってしまうためにできるシワです。
コラーゲンやエラスチン老化を促進する大きな原因が紫外線による光老化(フォトエイジング)です。一度深いシワができると一般的にはなかなかとることができないのです。
当院では患者様の様々なご希望にお応えするため、多様な治療法をご用意しております。 1.フェイスリフト
2.フェザーリフト
3.金の糸
4.ヒアルロン酸、アクアジェル
5.ボトックス
6.レーザーフェイスリフト
7.超音波
8.ACR療法
9.ハイドロキシアパタイト

1.フェイスリフト

手術による方法です。この方法が一番効果が大きく若返り効果が大きいです。平均10歳くらい若返ります。顔のたるんだ部分や垂れ下がった部分を引き上げ、皮膚に張りを持たせます。耳の前を切開し皮膚を切除するのですが、耳の前をまっすぐ切ると傷跡が目立ちます。当院では、耳の輪郭のギリギリのところを切開することにより、切開線が耳の輪郭の曲線に沿うようにし、傷跡が目立たないように細心の注意を払っております。たるんだ皮膚を切除するだけでなく、皮下のゆるんだ筋膜(SMAS)も同時に引き締めます。SMASを引き締める際には、筋膜同士を結ぶのではなく、動かない耳の軟骨に筋膜を固定する工夫をすることにより、後戻りの少ない長年にわたる確実な効果が出せるようになりました。また、頬やアゴに脂肪が溜まっている方には脂肪吸引を併用することにより、より大きな効果をあげることができます。手術時間は2〜3時間で、日帰り手術で行っております。
↑pagetop

2.フェザーリフト

表面にギザギザ(返し)のある糸を使用して、皮下組織を引き締めたり、吊り上げたりすることにより、タルミを改善する方法で、次の2つのやり方があります。

皮膚を指でつまむと、その部分の皮膚は縮んで厚みが増し、その外側は中央に引っ張られることにより張りが出てきます。この状態で皮膚の下層に存在する皮下組織に、表面にギザギザ(返し)のある糸を置くことにより、張りのある状態を維持することができます。
1.APTOS
APTOSとは、このように皮膚をつまんだ状態を細かく作成することにより、皮膚のタルミを改善する方法です。
糸の材質は polypropylene ですが、これは心臓血管外科など一般医療でも使用されているものです。
3週間ほどで糸の周囲には、コラーゲン繊維が形成され、その状態を長期間持続いたします。
APTOSによる引き締め WAPTOSによる吊り上げ
2.WAPTOS
比較的タルミの程度が強く、上方への吊り上げが必要な場合には、頭皮の中から、たるんだ部分まで糸を通して、皮下組織と一緒にタルミを吊り上げてしまいます。いずれの方法も、皮膚のキズ跡はほとんどわからなくなってしまいます。局所麻酔による短時間の手術で、腫れも少なく、ダウンタイムが短いことが利点です。
↑pagetop

3.金の糸

欧米のセレブが行う方法
金の糸を埋め込むことによりコラーゲン再生が促進され24時間エステしているような効果が出ます。金の糸(ゴールド・フィラメント)はメスを一切使用せず、髪の毛程の細さである直径0.1mm の24K金(純金)の繊維を、シミ、シワ・たるみなどの気になる部分に入れることで、皮膚や筋肉細胞を活性化させ、肌そのものが若返るという世界初の美容法です!自らコラーゲンをつくりだし肌を整え蘇らせる!
↑pagetop

4.ヒアルロン酸、アクアジェル

ジェル状の物質をしわの下に注入ししわをなくす方法
ヒアルロン酸の効果
↑pagetop

5.ボトックス

額の横ジワ、眉間の縦ジワ、目尻のシワ(カラスの足跡)は表情ジワと呼ばれ、表情筋が繰り返し収縮した結果、生まれたものです。
これらのシワに対しては10年ほど前よりアメリカを中心としてボトックス®注入が行なわれ、爆発的に流行しました。
ボトックス®は『A型ボツリヌス菌毒素製剤』で筋肉に注入すると筋肉自体が収縮できなくなる為、これを利用してシワを消そうとする効果が表れます。
実際の治療は気になるシワの原因となっている筋肉を同定し、数ヶ所にこのボトックス®を微量注入します。3〜4日後ぐらいから効果が出始めます。効果は4〜8ヶ月持続します。1年に2回を目安に続けていくことをおすすめします。
↑pagetop

6.レザーフェイスリフト

レーザーなど光治療はどのくらいのエネルギー量がお肌に入るかで効果は決まります。当医院のダイオードレーザーは120から150フリューエンスという強いエネルギーのレーザーを当てることにより、コラーゲンを多く作りリフトアップする方法です。
↑pagetop

7.超音波(お肌レベルを上げる方法)

ミクロの振動によって真皮にある余分なコラーゲンの「橋かけ」結合がほどけたり、細胞の生産を正常に回復したりして新陳代謝を活発にする健康な結合が増えてきます。もう一つの細かいシワ。これは顔だけではなく体全体にも表れる老化現象です。細かいシワができるのは真皮の衰えたことにもよりますが、おもな原因は表皮の角質層の老化によるものです。
角質層の新陳代謝が衰えると角質が厚くなり肌の表面がゴワゴワしてきます。
また、角質層の水分が少なくなることも小ジワができる原因です。細かなしわに関してはお肌レベルを向上することにより改善することができます。
↑pagetop

8.ACR療法(自己多血小板血漿注入療法)

自己多血小板血漿注入療法 とは?
自分の血液の血小板の再生能力を利用し、老化した皮膚を若返らせる治療法です。
自分の血液を使用するので、拒絶反応もなく安全で、より自然な効果が得られます。
この治療技術は、既に歯科でのインプラント手術後の骨の再生・接着の向上、糖尿病による皮膚潰瘍や熱傷を治癒の促進、美容外科ではフェイスリフトの止血や傷の回復促進に使用されています。

血液の中の血小板にはさまざまな成長因子があり、弱った細胞を健康的に修復させる働きがあります。
これを肌に注入することで、ダメージを受けている組織の修復を行い、皮膚を若返らせる新しいアンチエイジング療法です。
※一部治療に適さない方、効果の出にくい方がいらっしゃいます。お気軽に医師にご相談下さい。

【 特徴 】
ご自身の血液を用いるため、アレルギーなどの心配がなく安全
これまでの治療法で難しかった、目の下の細かなシワにも効果的
ゆっくりと効果が現れてくるため、見た目の違和感がない

【 効果 】
2週間〜2ヶ月ほどでシワ・たるみなどが改善され、張りのある若々しい肌に変わっていきます。
若返り効果は6ヶ月〜1年持続し、その後徐々に効果が薄れてきます。

■目の下の小じわ改善 
■目の下のたるみ改善
■法令線(鼻唇溝)、唇上の縦しわ改善
■額、眉間、首、手の甲などのしわ改善
■肌の張りUP

【 術後のケア 】
施術後は少量の内出血、腫れ、熱感などがあります。2〜3日で治まります。
通院・入院の必要はなく、当日は安静にし、飲酒、入浴はさけて下さい。
シャワー、洗顔は当日から、お化粧は翌日からしていただけます。

【 治療の手順 】
@自分の血液を16cc採血します。通常の血液検査程度です。
Aお顔を麻酔のテープで表面麻酔します。
B遠心分離機と特殊フィルターを用いて多血小板血漿を取り出します。
C精製された血小板を、しわ・たるみの部分に注入していきます。
 (1回の採血でお顔全体に注入できます。)

【 費用 】
1本・・・100,000円
2本・・・150,000円 (税別)

↑pagetop

9.ハイドロキシアパタイト(ラディエッセ)

新しい注入製剤 ハイドロキシアパタイト(ラディエッセ)とは?
ラディエッセは、歯や骨を形成するカルシウムハイドロキシアパタイトの注入物で、注入後ゆっくりと骨化していきます。 非常に安全で、鼻筋やあご周辺のフェイスラインをしっかりと整えたいという方や、深いシワ(ほうれい線など)に効果的です。注入後も違和感がありません。
こんなお悩みにおすすめです
・メスを使った手術には抵抗がある
・効果を長く持続させたい
・会社や学校を休むことができない
ハイドロキシアパタイトの特徴
ハイドロキシアパタイトは約1年半で分解吸収されますが、他の吸収性の物質(ヒアルロン酸など)よりも持続期間が長いのが特徴です。
さらに、他の注入物とは違い、自己組織を増殖させる働きがあります。
骨の代わりに充填した場合、カルシウムハイドロキシアパタイトの隙間に骨を作る細胞が入り込み、骨に置き換わります。皮膚の深部に注入した場合は、コラーゲンを作る細胞が入り込み、コラーゲンを新生します。
つまり、ハイドロキシアパタイト自体が完全に吸収されたあとも、自己組織が増殖している状態になります。
術後のケア
施術直後、少し腫れが発生するかもしれませんが、数時間で腫れは引きますので、ご安心ください。
会社や学校を休む必要がなく、施術後の入院や通院は一切必要ありません。
施術直後から、メイクや洗顔をしていただけます。
↑pagetop
クリニック案内診療案内症状への取り組み料金案内ご予約
お試しコースお肌Skinプチ整形フェイシャルボディ脱毛アンチエイジングしみ 手・顔男性||にきびしわ・たるみしみ・ほくろ・赤ら顔ダイエット